ニキビケアの基礎知識、アクネ菌を知ろう

思春期・敏感肌の方はこちら⇒ニキビケア肌潤糖クリア

 

 

ニキビを引き起こす原因と言われているアクネ菌は、人間であれば誰の肌にもいる常在菌であり、

 

肌に一番多く存在している菌のひとつです。

 

 

ただ、体のどの部分でも存在しているというわけではなく、特に皮脂が多い顔や胸、背中などに

 

多く存在しており、菌が多く存在する部分というのは、ニキビのできやすい場所となっているのです。

 

アクネ菌

 

アクネ菌は、脂肪を好み空気を嫌うという性質があるため、皮脂や汚れによって詰まってしまった

 

毛穴の中は、絶好の住みかになり、増殖しすぎてしまうとニキビの原因になってしまいます。

 

 

アクネ菌が活発化すると活性酸素が作られ、毛穴に詰まっている皮脂や垢は酸化して肌が

 

炎症を起こし、ひどくなると膿を持って腫れあがってしまうのです。

 

 

しかし、アクネ菌というものは、皮膚に悪影響を与えるだけではなく、皮膚の酸性度を調整して

 

弱酸性に保つことによって、他の病原菌の侵入や繁殖を抑えるという役目も持っているため、

 

人間の肌を健康に保つためには必要不可欠なのです。

 

 

ニキビによる炎症を起こさないためには、正しい洗顔方法で肌を清潔に心がけるのが一番です。

 

毛穴に詰まった余分な皮脂や汚れを除去することがアクネ菌を増殖させない第一歩となります。

 

 

しかし、過剰な洗顔は肌本来が備えている油分を取りすぎてしまうため、それを補おうと、

 

かえって皮脂が多く分泌される恐れがあるため、洗顔のし過ぎには注意が必要です。

 

◇◆ 『みんなの肌潤糖【クリア】』 ◆◇

 

       

今までの「殺菌」「皮脂抑制」とは全く違う


     

『潤い貯水型』の新型ニキビケアが誕生!!